絵津鼓『続・IN THE APARTMENT』BL漫画感想/ありがとう優しくできる相手になってくれて

続IN THE APARTMENT

昨日IN THE APARTMENTの感想を書きましたので、続けて続・IN THE APARTMENTの感想を♪気になる杉本と妹尾の関係ですが続でしっかりと気持ちを確かめ合いますので安心して読んでください(*^_^*)杉本の雰囲気がとっても大好きなこの1冊。そして、SUPER NATURALの2人も出てきていてうれしかったです♪

でもやっぱり・・・美枝子ちゃんと永慈が出てくるともやっとしてしまいますね。なんて心が狭いんだワタシ・・・と思いながら読みました(笑)

ダメですねぇ~モアザンワーズをいいお話だった~と読めた人にはきっとこの2人が出てきても大丈夫だと思うのですが・・・やっぱりワタシは引きずってしまって。

でも杉本がこれから先、妹尾を幸せにしてくれると思うからね!続があって本当にヨカッタ。

続 IN THE APARTMENTの作品内紹介

「ここに帰ってきてくれたらいい」
アパートで偶然に再会した小学生のときの同級生・杉本と妹尾。
あっさりアパートを出ていった妹尾が、再び杉本の前に現れる。妹尾は相変わらずなようでいて、何かが違う?
妹尾が何を考えているのかわからず悩む杉本。流されるまま体の関係は続ける二人だったけれど…

こちらは『続』とあるようにシリーズものです。人物紹介はこちらは参照なさってください(*^_^*)

絵津鼓『IN THE APARTMENT』BL漫画感想。好きっていうよりいとしい。

2017.04.14

続 IN THE APARTMENTのみどころ・気になるところピックアップ

本当に杉本・妹尾がくっついてヨカッタ!!!そう思える1冊です。この2人は一緒にいることで前に進んでいける・・・そんなカップルなのだろうなぁ~って思いました。
そして、最後に絵津鼓さんのあとがきはきちんと読んで欲しいなぁと。

ワタシは紙書籍で読みましたが、カバー下に書いてありました。

すぎもんはいい奴すぎる・・・

妹尾ってよくわからないキャラですよね。

すんごく過去を引きずっているのに表面的にはあっけらかんとしてて・・・。
よくわからない子なんです。

でも、そんな妹尾に杉本は優しい。柔らかい雰囲気をもってて包み込んでくれるようなそんな存在です。

1巻が妹尾の過去を乗り越えていくお話だとすれば、この2巻は杉本が自分の道を進んでいくターンになっているのかなって思います。
そして・・・そんな杉本の横には妹尾がいる。

杉本が理容師を目指すのもしっかりと1巻に理由が描かれていて、繋がっているというのは絵津鼓さんのストーリー構成のうまさですね(*^_^*)

このシリーズを読んでみて思ったのは、妹尾は次に好きになったのが杉本だったからこそ前に進むことができたのだろうなぁと思いました。

ツライことがあってもそれを乗り越え生きていく

たとえどんなに苦しいことがあっても、明日はやってくるし生きていかなければいけない。そういうのをテーマにしてこの作品は描かれたようです。確かにそういうのはすごく伝わってきました。

つらいことがあって絶望を味わうこともあると思う。
でも、どんなことが起こってももがいて生きて前に進んでいける。それも人間。

「明日はやってくる」

生きていく中で新しい関係を築いたり、また恋をしたり。そうしながら昔のツラいことも乗り越え生きていくのだろうなぁと思った続でした。

妹尾はまた恋をするのが怖かったのかもしれないけれど、杉本が本当にいい子だからまた好きになったのだと思う。
妹尾に杉本がいてくれて本当にヨカッタ(T^T)

そして杉本もなのですが・・後悔が自分を突き動かすちからになってましたね。
これも「生きていく」とうことなのだろうと思いました。

「後悔」って後からするものなんですよね。そのときには何も感じなかったコトでも後になって「~してればよかった」ってなることが多いと思う。
それを後悔だけで残しておかないでそれを糧にして進んでいく姿がワタシはぐっときたし引き込まれました。

この作品は、色々なコトがあるけれどそれを転機としてそれぞれの道が開けていくそんなストーリーだったのかなって思ったりもしました。
でも、そう思えた(前に進めた)のはお互いの存在があったから。ここにどうしてもたどり着いてしまいます(*^_^*)

こんな風にあいつらに会えるなんて思ってもみなかった

描き下ろしの『卒IN THE APARTMENT』がとってもヨカッタです。またまた出てきた美枝子ちゃんと永慈。。。。子供も出てきてはぁ~~⤵⤵⤵になるかと思ったのですが・・・

妹尾は杉本を2人に見せたかったのですねきっと♥

「すぎもんは俺のステディなんでしたー!!」って(笑)

ステディって『それでも、やさしい恋をする』で読んで以来かもしれない・・・(〃・ω・〃)ふふふ。

でもやっぱりここも杉本いいやつだなぁ~って思いました。
だってどう考えてもイヤでしょ・・・・。

好きな子のトラウマになってた2人に会いに行くのとか(~_~;)こういうのを読んでても、妹尾に杉本がいてくれてよかったなぁって思います。

「ありがとう」って言い合える関係ってとっても素敵だと本当にきゅん♥となって続IN THE APARTMENTは終わりました。

杉本ってほんと最初から最後までいい奴でしたね。絵津鼓さんの作品ってほんと攻に惚れてしまいます。

続IN THE APARTMENTの感想まとめ

この続は本当に読んで欲しい1冊です。

やっと・・・やっと過去から抜け出せたのかなと。そしてこれから2人の関係がスタートするのだろうなと思いました。

これと同時進行で実はSUPER NATURAL JAMを読んでたのですけど、大地と妹尾が混ざってしまってこんがらかったりもしながら読んでたのを思い出します。
そしてここも大地、暢、杉本と繋がっているんですね(*^_^*)

個人的には最後まで美枝子ちゃん・永慈(特に永慈)はう~~~~・・・ってなってましたが妹尾がしっかりと幸せになってくれたのでもう少し温かい目でみれそうです(笑)

いい子達なんですけどね。特に美枝子ちゃんはワタシは苦手意識はないのですけど。
まぁむしろ妹尾の相手が永慈でなくてヨカッタよ・・・杉本ありがとう~って本当そう思える作品でもありました。

オススメです♪

そして、SUPER NATURALもほんとオススメです!!!昔は絵津鼓さんの作品これといって気にして読んでなかったけれど最近ではほんとファンです。早くSUPER NATURAL JAMコミックスにならないかしら?『SUPER NATURAL JAM 現在5巻』まで分冊形式で出ているけどワタシは雑誌分を切り取って持っているのでコミックスまで我慢します(*^_^*)

でも面白いですよ~。大地と暢大好きです。気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

続IN THE APARTMENTの電子書籍情報

IN THE APARTMENTシリーズの紹介

 

★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆