佐久本あゆ『お手を拝借』フェティシズムBL漫画感想 ピュア恋にキュンとなるオススメBL作品

佐久本あゆ お手を拝借

大好きな佐久本あゆさんの作品です。大大大好きな作家さんですので登場する回数多くなると思いますが、本当に絵柄がキレイでストーリーも読みやすいのですよ♪この『お手を拝借』はフェティシズムBLです。

『手』が大好きな攻くんが理想の手に出会ったと言ってつきまとってきて・・・受くんが徐々に絆されていく過程を楽しむBL!きゅんきゅんします!!

お手を拝借/内容紹介&登場人物

重度の変態手フェチ男、同じ大学に通うクラフト科1年の有村聡は
図書館で偶然手が触れてからというもの「理想の手だ」と勝手に運命を感じ、写真!デッサン!!スケッチ!!!と、毎日湯浅(の手)に会いにくる。

ウザイと思いつつも、制作に対する純粋な思いを知りデッサンをさせてやることに。
そんなある日、有村の目の前で指を切ってしまった湯浅は、「消毒」と称して執拗に指を舐められ、思わずドキドキしてしまう。
と、同時に自分の指を舐めながら股間を膨らませている有村にドン引き!!

「手」にアタックを繰り返していた有村が「本人」に興味を持ちはじめ、 「手」しか見てもらえない湯浅がもどかしさを感じはじめて――。
ふたりの関係がいつしか恋に変わる…かもしれないフェティッシュラブ★

有村です。かなりの手フェチです。将来はジュエリーデザイナーになるのが夢。湯浅先輩の手は理想の手です!!!
湯浅です。昔からかなりモテているけれど勘違い野郎ばっかりで困ってます。その点有村は変なやつだけど俺の手にしか興味がないから・・・・?
お手を拝借の感想は以下より。ネタバレ含みます。

 

お手を拝借の魅力・ここが好き!!

まず、この作品はフェティシズムBLということで・・・『手』が好きな男の子が出てきます。しっかりと『手が好き』というフェチさを入れながらBLが進んでいくのですごくそれが魅力的です。

『手』を中心に2人の気持ちの変化がすごくわかりやすく描かれているので、BL初心者さんでも楽しんで読める1冊になっていると思いますヨ(*^_^*)

ワンコ攻・ツンデレ?・・・ツンツン受さんという設定でどっちも好き。最後の一押しもツンツンの受さんが引っ張るというのもいい展開だったなぁと思います。

変態には変態の生きる道がある

このね、ワンコ攻の有村が本当に『手フェチ』。実は私も男の人の『手』に好みがあってわかる気がする~!!!と思いながら読んでます。

女性的のようで女性的でない・・・そんな指が大好きなんですヨ♥そして、爪がキレイな男性が好き・・・・(えっ聞いてない!?!?)(゚Д゚)

有村は将来はジュエリーデザイナーになりたいようで、自分の理想の手というのが湯浅の手だったようです。

はじめは『手』にしか興味のない有村。

湯浅の指をなめながら勃ったり、手にキスしながらイッたり・・・・どこまでも『手好き』という一環したスタイルはとても良かった(笑)

でも、ただの手フェチでもないんですよね。

指輪を制作するときの真剣な顔とか、そういったものも描かれていてギャップ萌えもありました。

そんな有村に湯浅も絆されていきます(*^_^*)

手だけじゃなくて自分の事も見てもらいたいんだろ

外見がとっても良い湯浅。外見だけで判断し、近寄ってくる人たちにうんざりしていたのもありツンツンさんになってしまったという過程があるのですが・・・

そんな湯浅が『手』にしか興味のない有村にイライラしてくるですね。

これがとってもヨカッタ!!!

手がスキスキとしっぽを振って近づいてくる有村にいつしか「手だけかよ」とか「あの野郎・・・手がキレイなら誰にでも尻尾ふるんだな・・・?」とヤキモチ的な感情を持ち始めます。

人とある程度距離と保って生きるのが楽だと思っていたのに、有村に対してはもっと自分を見て欲しいと思うんです。

でもね~・・・実はそう思うより早くに有村の方が『手』だけではなく湯浅に惹かれていることを自覚しています。

なのですが!自分が湯浅本人に好意を寄せていると知られたら彼は怒るし離れていくと思っているので「興味があるのは先輩の手だけです」と言ってしまうんです(T^T)

でも、このすれ違いというか・・・誤解が解ける時の二人はとってもきゅんきゅん展開ですので楽しんで読んで欲しいな~と思う箇所ですヨ。

指輪は口ほどにものを言う

ちょっとすれ違うかな~って思ったのですが、ここは指輪が大活躍します。

有村が制作している指輪。。。これを湯浅の家に忘れてしまいます。

自分の事を想って制作したのだろうか?と思い指にはめていく湯浅でしたが・・なんと薬指にぴったりとハマるんです。

それをうれしく思う彼は自分の気持ちをはっきりと自覚するんですよね(〃・ω・〃)

こういう見せ方が本当にお上手だと思ったしもうキュン♥。。。でした。そのときの湯浅の手がこれまたキレイに描かれているので必見です。

そして、その指輪がきっかけで自分たちの気持ちを確かめ合う2人。

このときに湯浅からのキスがすっごくイイ!!!!そのまま絡む展開ですが、メガネを取った有村がイケメ~ン!!!

ワンワン言ってる有村が男の顔になっててドキっとしてしまいました。

最後に、指輪関連で有村がすっごいプロポーズっぽいことを湯浅に言っているのでここは読んで欲しいです(*^_^*)

惚気ている湯浅にキュンな描き下ろし

描き下ろしでね、湯浅がなにげに惚気てるんですよね~。。。

大好きなんだろうなぁってすごく伝わってきました。

今まで外見だけで判断されて近寄ってきた人達がすごく嫌いだった彼ですが、きっと有村にはもっともっと自分だけを見て欲しいって思っているんじゃナイでしょうか。

指輪制作すると夢中になって周りが見えなくなってしまう有村をずっと待ってる湯浅とかなんかイイなぁって思います。

それぞれが欲しかったモノをお互い提供しあえる存在なのでしょうね♥読後もきゅんきゅんが止まらなくて、一度読むと3回くらい読み返してしまいます(笑)

お手を拝借/感想まとめ

感想を書く前に再度読み返したのですが、う~~~また今すぐ読み返したい!!!この作品本当に大好きです。

といっても佐久本あゆさんの作品どれも大好きなのですけどね。

今回の作品は『手』が主役といっても過言ではないのですが、読みながら私も湯浅の手にきゅんきゅんなったり(有村の気持ちがわかる~)するくらい注目してしまいました。

髪をかき上げるしぐさとか、ふとした手の感じとかとてもお上手に描かれているので是非注目して読んで見てください。

佐久本あゆさんの『若葉寮で、君と』、『フレンドライン』イチオシです。もうすぐ新刊も発売されますし(もちろん予約済み)ダリアでも読めますしもっともっと色々なところで読めるとうれしいです(*^_^*)

 

お手を拝借/電子書籍情報

佐久本あゆ/その他作品&連載中作品

 

★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆