『In These Words 2巻』サスペンスなBL漫画感想 Guilt|Pleasure/

In These Words Guilt Plreasur

In These Words2巻の感想になります。1巻から2巻まで少し間がありましたね。私がこの作品を読んだ時にはすでに2巻まで出ていたのでこの2巻を読んだときはおぉ~!これは驚く人多いだろうなと思いました。展開は衝撃もあるのですがどこかホッとして「そうだよね」と思ったのを思い出します。なかなかサスペンス単体としても楽しめる作品になっているのではないでしょうか。そう思うとBL漫画という位置づけではないかもしれない・・・そう思うストーリーではあります。

In These Words2巻の内容紹介

精神科医・浅野克哉への警察からの極秘要請。それは、3年で12人を殺害した殺人鬼・篠原のプロファイリング。
しかもその任務は、殺人鬼からの逆指名だった。
任務の日から、浅野は悪夢にとりつかれる。夢の中、浅野は顔の見えない男に監禁され、犯されつづける。
交差する夢と現実。そしてある夜、ついに殺人鬼は牙を剥く――!
アメリカ・アジアで活躍中のアメコミの超人気作家咎井 淳が描く衝撃の官能BL!!

①真犯人は別にいる
②過去に戻る展開
③篠原×浅野に興奮!

今回紹介する本はこちら

In These Words 2
In These Words 2

2014/7/10アマゾン詳細

ストーリー ★★★★☆
エロ ★★★☆☆
満足度 ★★★★★
テイスト ミステリー・やや甘
In These Words2巻の感想は以下より。ネタバレ含みます.
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆