『In These Words 3巻』BL漫画感想/真犯人が精神科医に求めるものは?‐Guilt|Pleasure

In These Words 3巻 

『In These Words3巻』の感想です。正直いってまだ1巻に辿りついてはいません。。。一巻手前かなという個人的な感想です。ふと思ったのですが、これから浅野が篠原を殺人犯にして再現することを提案するとします。そのことまで忘れてしまったということになるのでしょうか。

自分で思いついて提案した事まで忘れてしまう出来事がまた起こるのかしら?

今回は真犯人の顔、そして彼と浅野とのやリとりが描かれていています。小冊子はデービッドと浅野でした。2巻の小冊子も7年前の浅野のストーリーが掲載されていましたが、7年前浅野に何かあったのかしら?

In These Words3巻 内容紹介

日本のBL界を揺るがせた、アメコミの大人気作家による
血と官能に満ちた衝撃作、待望の続刊がついに登場!!
連続殺人犯に魅入られ、監禁され、凌辱の限りを尽くされる
精神科医・浅野克哉の運命は――!?
初回限定版は、克哉のNY時代を描いたマンガ「First,Do No Harm」(28ページ)を収録した小冊子付き!
数量限定発売!!
*「First,Do No Harm」は、同タイトルの同人誌(2012年刊行)より一部再録したものです

①今回は8か月前の出来事
②犯人と浅野の接触・監禁
③絶体絶命

今回紹介する作品はこちら

In These Words 3 小冊子付初回限定版

2017/4/28アマゾン詳細

ストーリー ★★★★☆
エロ ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
テイスト 緊迫・怖い
In These Words3巻の感想は以下より。ネタバレ含みます。
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆