絵津鼓

絵津鼓『JOY』新刊BLコミックス(ネタバレ注意)感想/漫画家×漫画家の恋がすごく面白い!その後の番外編も配信開始

2018-01-29

絵津鼓さんの新刊BLコミックス『JOY』の感想になります。JOYはハニーミルクという雑誌で連載されていて単話配信もあったので電子で読んでいました(#^.^#)

今回コミックスが出たと言うことで!!!お気に入りだったこともあり紙で購入。絵津鼓さん本当に好き・・・。

電子配信はもう少し後になりそうですが、すごく面白いので是非読んでほしいです♥

作品としてはゆる~く甘く・・・ほんのちょっぴり切なく。日常生活が思い浮かぶような・・・・身近にこんな男の子たちいるかもしれないなぁと思うようなそんな作品。

絵津鼓さんの作品ってこういうカップルいそう!って思えるんですよね。身近に感じてしまうのが魅力的だと私は思ってて。

だからドラマティックにアップダウンある作品というよりは、ちょっとずつ距離を縮めていく過程にキュンキュンしちゃうような・・・地味なんだけれどそこに萌えがあるような!

今回は漫画家さん×漫画家さんなのでちょこっと知らない世界ではあるのですが作家さん視点の感情とかも読めてすごく面白かったです。

JOY 作品情報

[colwrap]
[col2]

[/col2]
[col2]

作者名絵津鼓
出版社/レーベル講談社 /Honey Milk Comics
発売日2018/1/15
紙書籍アマゾン詳細

[/col2]
[/colwrap]

どうやら今紙書籍は品切れ?

電子書籍は2月半ばらしいです(先生のツイッターより)

内容紹介/あらすじ

少女漫画家の岡崎豪は、女の子にキュンとしてもらえる漫画を目指して日々邁進中。同じく漫画家の阿久根勇亮と切磋琢磨している。ある日、阿久根が男と裸で寝ているところを目撃し、驚く豪。仲良しだと思っていたけれど、お互い知らないことがいっぱいあると自覚した時、豪に「BLを描いてみませんか?」という誘いが…! 漫画家×漫画家の仕事と恋を、絵津鼓がキュートに描きます!

攻・受の特徴

絵津鼓さんの攻・受は絵柄からすぐにわかると思います(#^.^#)

そして、今回の特徴は漫画家×漫画家・・・ゲイ×ノンケです。色々あって徐々に惹かれ会う姿にキュンキュンするかと!

受の豪くんがすごく可愛い・・・・。阿久根くんがかわいいって思うのもわかる!ってくらい可愛いです。

では早速!

注意ポイント

感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。
SUPER NATURAL/JAM

SUPER NATURAL/JAM

SUPER NATURAL/JAM

JOY ネタバレあり感想

絵津鼓さんらしいほんわかした作品です。

ハニーミルクが『癒ししかいらない』というキャッチフレーズだったと思うのですが、確かに!!!!癒やされる~って思う作品でしたヨ。

絵津鼓さんのかわいらしい絵柄もあるし,かわいらしい中に心の強さだったりがあってすごく魅力的なキャラだった豪君。そして豪君のアシスタントである阿久根くん。

阿久根くんと豪くんがくっつくかどうかは・・・最後あたりまでよく解らなかったのですがどちらも惹かれあっているのはわかっててそこから目が離せない~と思いながら毎回読んでいました。

響がね~ちょっと邪魔だったのですが、最後まで読むと悪い子ではないのが救い。

絵津鼓さんの作品は本当に嫌な子って出てこないですもんね★

安心して読めます(#^.^#)

続き出て欲しいなぁ~!!!。JOY本当に面白かったです!

漫画家×漫画家の恋

これまた設定がとても興味深くて。

読みながら豪くんや阿久根くんの台詞は絵津鼓さんが思っている事なのかしら!?!?と思ったり。

とてもじ~んってくる台詞だったり、納得する事もあってそういうのも興味深かったです。

豪くんが少女漫画家というのはうんうん、って思いながら読んでたけど、阿久根くんの四コマ漫画家という設定はおぉ~!!!って思いました。

絵柄もかわいらしいし、阿久根くんのエプロン姿とか読みながらキュン。

これぞギャップ萌えですよね。

豪くんは、阿久根くんをすごく信頼してて・・いつも頼りにしているんだなぁというのが分かります。

阿久根くんの家に行った時、響と寝ていた阿久根くんをみて阿久根くんがゲイだと知るのですが・・・

その後自分にもBL漫画作品の依頼が来て疑似恋愛のような感覚でお話を作りあげていきます。

そうしたら・・・あるあるですよね。意識し始めて。

意識しはじめると色々な事が気になったり見えるようになるんですよね(#^.^#)

ちょっと響にはイラっとすることもあったけれど、響の言っている事だったりも分かったりするのでどちらの視点からも楽しめる作品でした。

狭い空間で、苦楽をともにするわけですよね・・・漫画家さんとアシスタントさん。

豪くんはいつも独りだと思っているところがあって・・・だから阿久根くんの言動が響いたりするのかなって思いました。

阿久根くんの家にお泊まりしたときのエピは・・・阿久根くんが保育士さんだったっていう設定が生きてるしすごくじ~ん( 。-_-。)

こういう所からどんどん惹かれていっちゃうんですよね!

ゆる~く展開していたのに、後半・・・!!!!響がまた色々な事を豪くんに言ってけっこう切なかった。

ここが一番盛り上がった所じゃないんだろうか?って思います。

阿久根くんと豪くんの関係がぐっと近づいた場面でもあったかなぁ。

響から漫画家をバカにしたような事を言われて豪君もけっこう言い返してたのですが・・・阿久根くんが思いのほか大人しくてねぇ。

ここは響にビシッと言い返してヨ!!!ってなりました(笑)

豪くんが傷ついているんじゃないかと、彼の家まで来た阿久根くん・・・

このとき阿久根くんが過去の自分の事を話したり、豪くんに

「豪くんの人生なんだから 自分が喜ぶことをしたらいい」

って言ったり。ここからの流れは本当に良かった!

阿久根くんと話している時に語った漫画への想いだったり豪君の涙だったり・・・なんかぐっときちゃった。

やっぱり好きな事だから漫画を描いていたいって。

「今の僕が自分の漫画の主人公だったら 諦める展開にはしないから」

って。前を向いているんだけれど涙を静かに流しているシーン。悲しさじゃなくって力強さがすごく伝わってきて・・・絵津鼓さん上手い~(T^T)ってなりました。

この後の阿久根くん、豪くんの場面は必見です。

この2人・・・・どうにかくっついておくれ(・_・、)って思うと思います!阿久根くんが見た目以上にほんわかした包容力のある男で惚れます・・・。

もうちょっと響に強く言ってくれたらもっともっといいのですけどね!やさしいのか甘いのか(#^.^#)

くっついてからも読みたい!

今回のJOYは・・・くっつくまでがすっごく丁寧に描いてあって、くっつくのは最終話の後半の後半なんですよね~。

もう少し読みたい!!!って思っていたのですが、くっつく時はすんごい一瞬でした!

阿久根くんが気持ちが通じ合ったあとにこうなったら手は早いぞ俺は!みたいな事を言ってて(笑)

とんとん拍子に事は進んだみたい。←ここサービスで見せて欲しかった!!!

と思ってたら!!!

番外編がハニーミルクでするそうです。(vol.21かな!!!!)

前号のハニーミルク vol.20で掲載される予定だったのですが、前回は数ページのみ。

次回掲載されるようです。

それはおそらくコミックスには収録されないと思うので、JOY気に入った方は、次号のハニーミルクは必見です!!!

カバー下の漫画もハニーミルク vol.20に掲載されていたものでしたヨ(#^.^#)

また番外編が掲載されたら雑誌ブログの方で感想書きたいとおもいます★

感想まとめ

そうですね、ガッツリBL漫画か!と言われれば、これからかな~!!!(#^.^#)みたいな展開だったかしら。

それでもノンケの豪くんが阿久根くんの事を好きになっていく過程がすごく丁寧に描かれてたと思います。

最初は漫画を描くために疑似片想い!!みたいな感じでしたが・・・阿久根くんの優しさだったり色々な事を知って好きになっていったのだなぁって。すごく自然なの。

こういう丁寧さも絵津鼓さんの魅力ですよね♪

できればもう少し2人の濃い関係を(≧∇≦*)って思うけれど、『癒ししかいらない!』のハニーミルクのコンセプトにはかなりマッチした作品に仕上がっているなぁと。

ほんと・・・・阿久根くんにも豪くんにも癒やされましたヨ。

響にはイライラしたけど(笑)

響と幼馴染みくんはうまくいくのかしら?とかそういうのも気になるので絵津鼓さん描いて欲しい!

スピンオフけっこう期待しています★

ということで!!!!JOYの感想でした!

追記☆
番外編になる9巻を読みました~。ちょっとエロくてちょっとあったかくてジワリとくる・・・絵津鼓さんらしい番外編(*^_^*)
豪くんのふと漏らした言葉になんだかぎゅっときちゃいました。

その後の阿久根くんの言葉にさらにギュッギュ。いいカップルだなぁ~って(*^_^*)

すごく素敵な番外編でした!

電子書籍

番外編になるる9巻の配信がはじまりました!!!!
[colwrap]
[col2]

[/col2]
[col2]

[btn class="big"]Renta!(先行配信)

[/col2]
[/colwrap]

-絵津鼓
-, , , ,

© 2017 BL漫画ダイアリー Powered by AFFINGER5