藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.67

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.67

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.67

オリジナルボーイズラブアンソロジーCanna Vol.67

超オススメBL【いつか恋になるまで 下巻】倉橋トモ-幼なじみBLの面白さ詰め合わせ!BLコミックス感想

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは!藤雪です。今回は引き続き【いつか恋になるまで 下巻】のBLコミックス感想になります。上下巻同時発売だったこの作品。上下巻一気に読んで虜になった人が多いのでは!?と思います。

帯に幼なじみBLの最高到達点!と書いてあったのですがその通り!と思ってしまうほどの作品でした。すごく大好きな作品だからもっと色々な人に読んでもらいたいです。

最初に出た二人の作品は【家族になろうよ】という作品なのですが、この過去編が出た事によってこの【家族になろうよ】を再評価する人も多くいると思います。

【家族になろうよ】がもともと大好きだったワタクシは。。。さらに大大大好きになりましたヨ(≧∇≦*)

今回は下巻の感想なので、上巻の感想はこちらを参照してください。

それでは作品紹介から。

【作品名】 作品紹介

いつか恋になるまで 下
作者名 倉橋トモ
出版社/レーベル 竹書房/バンブーコミックス moment
発売日 2019/9/30
藤雪の評価

電子試し読み

BookLive!
kindle

作品内容

付き合い始めたものの、先へ進めずにいた2人。

必要だったのはささいなきっかけで、和馬は千秋を欲しがる体に素直に従った。
思春期とは怖いもので、一度踏み越えてしまえばいくらでも求めずにはいられない。

ただ幸せな時間を重ねるほど、和馬には抱く思いがあった。

この関係は、誰にも言えない―――。

そんな変化にいち早く気づいたのは、やっぱり千秋で…?

作品のポイント
  • 付き合ってからの二人
  • お初が拝める!
  • 幼なじみ・それぞれの家族・・・色々な葛藤を抱いても乗り越えていく姿が良い!
  • 巴ちゃんの相手・先生が出てきてちょっと切ない
  • すごく素敵な・・・希望に満ちあふれたラスト!
感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ注意】いつか恋になるまで 下巻 感想

下巻も相変わらずの面白さ。「幼なじみ」という設定がこれほど活かされてる作品はそうそうない気がします。

甘々だけじゃない、切なさもあるし葛藤もある。でもやっぱり一緒にいる以外は考えられないから前を向く。

この作品を読んでいると、純粋な真っ直ぐさがズドンと胸に突き刺さってくるようなきがします。

面白い。そして下巻でもやっぱり巴ちゃんが良い味だしてますね!そしてあゆちゃんのパパである先生の存在も。

付き合いが順調は二人は・・・・

下巻は付き合って数ヶ月たった二人からスタート。

千秋ってけっこうむっつりなのかな!?(*^_^*)って思ってしまいましたよ・・・でも好きな相手ならそりゃエロいことしたいって思うのは高校生では当然のことなのかもしれません。

二人のお初は初々しくて読みながらふふふ( ´艸`)ってなってしまいました。かわいい。。。。

前半からエロが入るので、テンションあがります♪

誰にも言えない関係

恋人という関係に舞い上がっていた二人。でも、ふとしたきっかけで和馬は自分たちの関係は誰にも言えない、言えるはずがないと思うようになります。

別に悪いことしているわけではないと思っているけれど、ほんの少し罪悪感みたいなものが生まれているようです。

でもそういう葛藤も・・・千秋がまっすぐ突き破ってくれるのがイイですね。

千秋も決して何も考えていないワケではないの。

ただ、千秋の一番の優先順位が和馬だから。。。和馬と一緒にいることが千秋の幸せ。

それ以外には彼自身はどう思われようと関係ないと感じているのかもしれないなぁと読みながら思いました。

どちらかというと、周りをよく見ているのは和馬の方なのかもしれません。細かくてわりと繊細なのかな!?と【家族になろうよ】でも思ったので。

成長していく過程で、子供と大人との境目にきている時期ですよね高校3年生。

この辺りの描写がすごくよかったなぁと思いました。進路のことにしろ、家族のことにしろ・・・和馬と千秋の考えがぶつかるのも読み応えありました。

ぶつかって迷って・・巴ちゃんというバランサーのおかげで二人で答えみつけられて。。。下巻では巴ちゃんの相手である先生もいい味だしてましたね!

不安定な時期に関係を認めてくれる人の存在ってどれほど心強いだろうって思いました。

後半は・・・幼少期とリンクしながらの場面にぐっと引き寄せられました(T^T)とってもよかった・・・・

二人だけの秘密基地。

そこでしっかり仲直りして気持ちを確かめあって前へ進んでいくって素敵。

この秘密基地だけは巴ちゃんは知らないのかなと思うとほんと・・・二人だけの場所がしっかりあってよかったなって思います。

この作品の何が好きかって巴ちゃんがあくまで第三者的ででも二人の関係にはなくてはならない存在という適度な距離にいること。

これはすごくいい設定というかキャラの活かし方だなぁと思いました。

トモダチ以上のこと、シたい。
トモダチ以上のこと、シたい。2015/11/30

終わりと始まり

高校生活も終わりの卒業式。二人の場面だけではなく、関わった人がそれぞれ登場してていいなと思った最終話。

特に先生と巴ちゃんのシーンは。。。この二人はどううやって始まったのだろうかと。。。気になったりしました。読みたいけど切なくなるからこの二人はこんな風にさらっと描かれてるくらいがいいのかもしれない。

卒業式後の二人はとってもかわいくてキュンしかなかった。。。

ラストまでの流れが本当に秀逸ですごく素敵です。

ラストの終わり方も最初読んだ時は鳥肌たっちゃったもの。大人になった二人の話を先に読んでいるから二人のこの勇気があれに繋がってるのだろうなぁ~って(≧∇≦*)

最初から最後まで素敵な作品だと思いました。

ラストの描写はあれで終わりじゃない。あそこからまた新たな二人が始まっていくのだと改めて感じたところでお話が終わりました(*^_^*)

感想まとめ

これは本当に超オススメの1冊。大好き過ぎて何回も読み返してます。

絵柄もとっても綺麗で読みやすいし、絵柄にマッチしたピュアな作品。万人受けするストーリーなのではないかと思います。

なので手に取りやすいのでは!?と。

未読な人は上下巻ぜひ手にとって読んで欲しいと思います。

ドロドロ感一切無しです☆

電子書籍

Renta!先行配信

その他作品

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2019 All Rights Reserved.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.