藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

【アダムの肋骨1巻】みちのくアタミ/BLコミックス感想【ネタバレ注意】 ライバルは自分自身

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

イァハーツで連載中のみちのくアタミさんの【アダムの肋骨】。1巻が発売されたました。

みちのくアタミさんは作家買いということもあり、紙で購入。電子は7月1日に配信予定のようです。楽しみですね!

今回もちょっと変わった設定で、相手が多重人格なの。

今は解離性同一性障害 と呼ばれているものなのですが、ラストはそれぞれの人格がどうなるのかとかすごく気になるので恋愛の展開も含め注目している作品。

エロに関してはみちのくアタミさんですからね(≧∇≦*)

色々な人格があってそれぞれが受の悠真に対して感情を向けていくのはなかなか面白いです。

アダムの肋骨1巻 作品紹介

アダムの肋骨1
作者名 みちのくアタミ
出版社/レーベル 大洋図書/H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日 2019/6/1
藤雪の評価

内容紹介

遊園地ドリームパークで着ぐるみのリッキーとして働いている広瀬悠真は、誘拐犯から子供を助けた日の夜、
誘拐犯を捕まえてくれた色織一羽と社員寮のルームメイトになる。
穏やかでよさそうなヤツ、そう思っていたのに、翌朝目覚めたカズハは「俺たちこういう関係だっただろ」
といきなり濃厚なキスをしてきて!?
なんだか昨日とは別人みたいで!!?
一羽の中に生きる繊細なカズハに、強引なレイ、そして──…
みちのくアタミが贈るエッチも嫉妬も複数倍のマルチプル・ラブ誕生!!
感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ注意】アダムの肋骨1巻 感想

まず、今回は多重人格ということで色々な人格が出てきます。

先生はわりと表情だったりで違いが分かるように描いてくださっているので見分けがつくのがありがたい。

表情だったりメガネのアイテムだったり、そういうので描き分けしてますよね。あとはしゃべり方だったり。

でもまだコミックスを読んでいない人にとっては想像できないかな?と思うので簡単な人物紹介を。

主な登場人物

一羽(カズハ)
悠真と同じ社員寮でルームメイト。愛想が良くて物腰柔らかい。メガネ(ダテ)をかけている.
幼少期から悠真の事が好き。
レイ(カズハの別人格)
言葉使いは乱暴で無愛想。ツンツンしている。でも悠真の事が好きでわりと積極的。
でも臆病で不器用な一面も。
悠真
カズハが別人格になっても少しの違いで見分けがつくようになる。
基本的にどの人格にも対応してる。押しに弱い。

その他1巻でわかっているカズハの人格はレイをのぞき5人。

  • 四季:14歳 潔癖症。レイだけでなくカズハと関係をもった悠真を嫌う。
  • ミカ:中性的で雰囲気のある性格。
  • 二狼(ジロー):28歳 派手好き。男でも女でもオッケーな人。
  • 五樹(イツキ):10歳 泣き虫な子供の性格。六実に懐いている。
  • 六実(ムツミ):17歳 明るくオシャレが大好きな女の子。面倒見が良い。1巻終盤では人格が消える。
すごくたくさん人格が出て来るので何度か読み返さないと名前と人格が一致しないかも。ミカは登場したときに名前が出てきてなかったので、巻末の自己紹介をみてへぇ~!!!って思いました。

一番お気に入りの組み合わせはレイ×悠真なのですけど。。。カズハにも悠真が必要なのかな~とか考えたり。

見事なトライアングルでドキドキしてしまいます。

最後は人格が統合されてしまうのか、二人とも残るのか・・・予想としては二人残るのではないかな?と思ったり。

昔、ビリーミリガンの本を読んでた事があってそれで統合とか知ったのですよね。。。

うろ覚えなのですが、最後は他の人格が出てきてその人が統合人格になった記憶があるのですが・・・カズハ・レイ以外に統合する人格が出て来るのかどうかも見物だなと思います。

が・・・やはりレイの雰囲気が好きなのでレイ×悠真になって欲しいな・・・今のところ。

これから先はわかりません。

悠真には精神科医の従兄弟がいてその人が治療に関わってきそうです。

カズハ×悠真

カズハはメガネをかけていて雰囲気的にも穏やかな感じ。

普段はグイグイ来ることはないけれど、レイと悠真がちょこっと関係したと知ったらグイグイきて結果的には悠真と最後までしたのはカズハが先。

カズハはレイに対してはライバル心があるというか、敵視しています。

幼少期にもあっていて、悠真を好きになったのはカズハが先のようですよ(*^_^*)

それを考えるとカズハ×悠真もいいかなぁ・・・と思うけれど・・・この先どうなっていくか見物です。

今後はカズハがどうしてこんな風にたくさんの人格を形成するに至ったかも描かれるかもしれません。

レイ×悠真

組み合わせ的にはこちらが本命かな!?と読んでて思ったのですが・・・。

レイも悠真には好意を持っています。ちょっとツンケンしてて最初はどうなるのかな!?と思ったのですが、悠真には心開いていってる気がして。

悠真とキスしたのもエロイことをしたのもこのレイが最初。

でも最後まではカズハにとられちゃったみたいです。よくよくじっくり絵をみたら、入っていると思ったのはT子ではなく指でした(≧∇≦*)

なので最後までカズハともやってません~。

読みながらカズハが主人格だと思っていたけれど、レイも主人格っぽくてこのあたりは謎です。(名前からしてカズハは主なのですが)

悠真は。。。読んでいるとカズハよりもレイに惹かれている描写があります。

2巻以降の展開が本当に気になる!!!

先生の予定では次巻で完結のようですが・・・レイが消えるのもカズハが消えるのもちょっと嫌かもしれません。

人格の統合

色々な人格が出てきた中ですごく好きだったのが六実ちゃん。

女の子の性格なのですが、すごくカワイイ。

悠真から納豆ストロベリーシェイクをもらって満足したのか・・・「もういいや」と言って人格が消えていってしまいます。

どういうことがきっかけで多重人格になるのか私はよくわからないのですが、本人が満足すると統合されるのでしょうか。

多くの場合は何らかのきっかけがあって多重人格になると考えられますが、そこまで掘り下げられるのかどうかは次巻で終るのでどうでしょうね。

そこまで重い話よりは・・・さらっと読める方がいいのかなと。

でも難しいテーマで先生挑戦しているなと思いました。

アダムの肋骨

これはアダムとイヴのお話からつけられたタイトルなのかなと。

そしてアダムの肋骨は・・・この作品では悠真の事では無いかと思います。

もしかしたら、ビリーミリガンのように統合する人物が登場するのではなく悠真がレイやカズハを安定させる役割を担うのかもしれませんね。

それぞれ何らかの出来事があって人格が生まれたとするならば・・・ムツミのように消えることもあるのかもしれません。

ムツミは満足したから消えたと考えると・・・他の彼らにも同様のことが起る可能性も。

やっぱりラストはカズハ・レイだけが残るのかなぁと読みながら考えました。

カズハが主人格として考えるけど、悠真はレイに惹かれてるところがありますし・・・

ラストで精神科医の光太郎のところへ行く時「僕とレイどっちに残って欲しい?」と聞いています。

やはりカズハ・レイが大きな割合を占める人格なのかなと。

アダムの肋骨から妻としてつくられたイブ・・・。悠真の存在がそれで、カズハ・レイを受け入れて生活していくのかなぁ・・・と予想しています。

どちらにせよ、カズハ・レイにとっては悠真は必要な存在で重要人物だということですね!

それにしても表紙を見てみると・・・メガネをかけているのがレイで後ろの穏やかな顔をしているのがカズハに見えるのですが・・・。

どうなのでしょうね。

感想まとめ

1巻ではそれぞれの人格や悠真との関係性が描かれていました。

今後がもっともっと濃厚になっていくのではないかと思います。

2巻が楽しみです。

ストーリー
シリアス
胸キュン
エロ
オススメ
基本的に人格障害をテーマにしているので好みは分かれると思います。

電子書籍

その他作品の紹介

真夜中ラブアライアンス【
真夜中ラブアライアンス

【アンソロ】雌お兄さん
いやよいやよもキスのうち
いやよいやよもキスのうち
はじまりはナカから
はじまりはナカから
レッドベリルにさよなら
レッドベリルにさよなら【全3巻】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2019 All Rights Reserved.