藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

なんかハマるBL『メビウスストリップ』沢本そじ/BLコミックス感想【ネタバレ注意】

WRITER
 
メビウスストリップ
この記事を書いている人 - WRITER -

7/16日に配信開始した沢本そじさんの『メビウスストリップ』の感想です。沢本そじさんは前作の『純情エスケイプ』で知ったのですが。。。

絵がむちゃくちゃ好みです。むちゃくちゃキレイ!

作品のテイスト的にはやや切なめ路線がお好きなのかな?という印象です。前作も好きでしたが、今作も・・・なんかすでに3回くらい読み返してしまってます。

物足りない。物足りないのにそれがかえって面白い。

でも・・できれば続編とかその後の二人の関係とかすごく読みたいのですけど・・・

設定的には個人的にはとても良かったと思うのですよね。どちらも歪んでいるのですけど・・・

結局のところ、二人ってニコイチなんじゃないのかなぁって思います。

終盤の変化が良かったのですが、その変化した先をもっと読みたかったです。もったいない~。

【メビウスストリップ】 作品紹介

メビウストリップ
作者名 沢本そじ
出版社/レーベル 一迅社/gateauコミックス
発売日 2019/7/16
藤雪の評価

作品内容

高学歴・高収入・イケメンでヒエラルキーのトップに立つ佐久間愁には高校時代、問題児グループのリーダー・早見司に執拗にいじめられていたという忌々しい過去がある。ある日、愁は偶然司と再会し司が男好きのビッチとして底辺を生きていることを知る。見た目も社会的地位も変わったことで、司が自分を認識していないと悟った愁は復讐を決意し、司に恋愛ごっこをしかけるのだが――。
作品のポイント
  • 再会BL
  • 虐められた過去をもつ主人公がある日虐めてた男に再会。そして身体の関係を持ってしまう。
  • 復讐を考えた主人公は、つき合って欲しいと言う。
  • 虐めてた方は早くから主人公に気付くが・・・歪んだ二人の関係から目が離せない
  • 利害関係の一致と愛
感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

【ネタバレ注意】 メビウスストリップ 感想

んん????今Renta!さん覗いてみたら満足度が3.7・・・Why?

私はすっごく面白く読んだので、もっと評価は高いんじゃないかと思ってた。びっくり。

設定もテイスト的にもけっこう面白かったです。そして何より絵が綺麗。攻の絵柄とか好みど真ん中です。

お互いが影響を受けて忘れられず、自分の中の欲望を満たしてくれるのは結局は・・・って感じでしたね。

攻の性癖はちょっと違うかもしれませんが、受の場合はものすごく攻に影響を受けてます。

いじめっこだった受。彼の標的だった攻は高校時代は散々な日々。

両親に話しても厳格な父は誰にも文句を言われないくらいな人間になれと。

誰も助けてくれない、自分の力でなんとかしなければいけないと思った攻は勉強に励みいい大学を出ていい会社に就職。

人生逆転で何も不自由ない生活を送っていたのですが、ある日男性二人が揉めていて仲裁に入ります。

それが・・・・揉めてた一人がなんと自分を虐めていた受くんだったのですね。相手は自分に気付いていないのですが・・・

復讐

きっかけはどうであれ。。身体の関係を持った二人。

受くんはいじめてた相手は忘れたのか・・・・気付きもしません。

攻くんは自分を虐めていた相手だから忘れもしないのですけどね。覚えていないことを利用して、ある復讐を考えます。

近づいて信用させ、そして突き放す。

そう思って近づいていたのに。。。いつの間にか違う感情も生まれてきてそのあたりの葛藤だったりがすごく面白かったです。

基本的には受くんよりは攻くんに感情移入しやすい作品。

どちらの視点でも描かれているので、心情などは理解しやすいです!

執着

結局。。。恨んでいるのか執着しているのか・・・スタートラインですでに歪んでいるので途中は二人とも迷走はします。

結局のところ、二人にとってお互いはいなくてはならない存在だったりします。

離れようとしても離れられない・・・お互いが執着しているのですよ恐らく。

でもその執着もいつしか「愛情」に変化していってるんだろうなぁと思うようなところもちらほら。

途中でお話は終ってる感じがするのでそこがすごくもったいない。

愛に変化してからの二人が・・・もっと読みたかったのですけどね。

きっとレビューで満足度が下がっているのはこの部分なのかもしれません・・・。

みんな【愛情】に変化してからが読みたいと思うのですよね。たとえば、愛が何なのかわからないといった受であれば・・・今の感情は何なのか?と手探りな感じがあったらもっともっと面白かったかも。

攻も受を見る【目】の変化はあるのかな?とか考えたり。描き下ろしでちょこっと期待はしてましたが、その部分に関しては薄かったです。

そこがもったいないと思うけれど、逆に・・・私なんかは妄想癖あるので脳内補完して何度も読んでしまいます(笑)

癖になる。でも始まりはどうであれ、きちんと作中に愛しあってるよ!っていうのがストレートにわかる表現が欲しいですよね!

あとは・・・マスター?の役割が・・・200万の件はなんだったのかしら!?

200万は受がもらっちゃったのでしょうか?それは攻には話したのかなぁとか・・・種は仕込んだけど回収してないところもありましたよね。

そこをもっとうまく回収して欲しかった気はします。

というか、個人的には200万は無くてもよかったかなぁ・・・。

ともっとこうだったらよかった!というのはあるけれど、個人的にはすごく面白いなと思った作品でした!

物足りなさは確かにある。確かにあるけれど、私みたいにその物足りなさが中毒っぽくなるのか・・・そうじゃないかで評価は分かれそうです。

1巻で終らすのはもったいない作品でしたね(*^_^*)

感想まとめ

執着系とか歪んだ感情から愛に変わっていくとかすごく好きなテイストなので・・・

個人的には面白かったです。沢本そじさんは特に絵がらが好きで魅力的。

もう1巻分お話があれば随分と評価も変化する設定だし内容だったのではないかなと思いました。1巻で終ったのがもったいなさすぎる。

多分、雑誌では描き下ろし前で終ってるので・・・えぇぇぇぇ~!!!って思ってたと思います。描き下ろしで少し二人のその後が読めて良かった・・・

続編があればいいなぁと思うのですが、どうなのでしょうね!?

執着や歪んだ感情から・・・純粋に愛に変わっていく二人をぜひ読んでみたいです!

ということで!私的には評価は高い作品ですが、スッキリはしないと思います。

モヤは残ります。

で!???愛情に変わるの!?ってところで終ってるので。

でも面白かった。個人的には好きな作品です(*^_^*)

電子書籍

その他作品

純情エスケイプ

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

Comment

  1. いちご より:

    私も面白かったって思ったし、良かったですよー
    やっぱり終わり方が評価を落としてる感じですね。。レビューのコメントがそんな感じ。で、今は3.6とさらに下がってる・・

    こういう執着系のお話って割と好きなんですけど。
    嫌よ嫌よも・・って感じで嫌が好きというか必要って感じの変化だったけどお互い無くてはならないって感じの執着ぶりで良かったって思います。
    受けの目が最後まで死んでましたけどね・・それでもメロメロだし、こっちのが執着強めでしたよね!
    ちょっぴり甘い雰囲気もあったから、もうちょい先があれば評価もがらりと変わる勿体ない作品なのかもですね~

    • 藤雪 より:

      いちごさん☆こんにちは!
      この作品面白かったですよね!?今評価見にいったらまた3.7にあがってました!!!
      もっと評価されてもいいと思うのですが・・・絵も綺麗だしお話的にも執着する理由がはっきりしていてよかったと思います。
      途中での200万の件はスルーしてますが、もう少し尺があったらもっともっと良かったかもしれませんね!
      >やっぱり終わり方が評価を落としてる感じですね
      これは、、、確かに理解できます。あれで終わりだと???ってなりますよね。
      描き下ろしがあってよかったです。

      >受けの目が最後まで死んでましたけどね・・それでもメロメロだし、こっちのが執着強めでしたよね!
      ですね!今後は・・・モテる攻にハラハラドキドキして必死になっちゃうんじゃないのかなぁと想像したり☆

      >ちょっぴり甘い雰囲気もあったから、もうちょい先があれば評価もがらりと変わる勿体ない作品なのかもですね~
      ですね、結局のところ・・・甘い部分をもう少し読みたかったです。

      執着からの変化とか、そういうのがしっかりあったらもっともっと満足度もUPしたのかなと思います。
      面白い作品なだけに、ラストで評価を落としてしまうのはすごく残念(T^T)私は気に入ってるので、やっぱり評価。。もう少しUPしていってほしいです☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2019 All Rights Reserved.