ひなこ『Blue Lust』2巻 BL漫画感想【奏真のことが好きだから】

ブルーラスト2巻 ひなこ

ひなこさんの【Blue Lust2巻】の感想になります。隼人が過去に酷いことをしてしまった子と奏真の友人が同一人物だとわかった1巻最後でしたがそれからどのように展開していくのか気になる2巻。

自分の性癖で居場所がなくなり転校するコトになった奏真にしたら、隼人と昇の過去を知ったら耐えられないのではないかと思うのですよね・・・。

2巻なのですが、冒頭から昇と隼人の過去からスタートしています。

Blue Lust2巻/内容紹介

きっともう、キスも抱きしめてももらえない――。

隼人は、自らの「過ち」を見ないふりし、奏真からまっすぐ向けられる想いと優しいキスを受け入れ、求めるようになってしまう…。
そんな時、隼人が「過ち」を犯した相手・宮沢と、奏真を介して再会する。
宮沢への償いきれない後悔に苦しみながらも、奏真に対し、これまでとは異なる想いが芽生え始める隼人。
向き合いたい思いにかられ、隼人は嫌われる覚悟を決め、奏真に自らの過去を告げる。
かつて自分を追い詰めた人間と同じ過去があり、これまでの関わりが贖罪だったと知った奏真は――…。

1巻のおさらいはこちらから。

ひなこ『Blue Lust』1巻 BL漫画感想/誰にだって触れられたくないことはある

2017.05.10

今回の感想はこちらの2巻です。

Blue Lust 2 (ダリアコミックス)

アマゾン詳細
ストーリー ★★★★★
エロ ☆☆☆☆☆
満足度 ★★★★★
テイスト キュン♥切ない
Blue Lust2巻の感想は以下より。ネタバレ含みます
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆