藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

2018年上半期 BLコミックスMyベスト30

囀る鳥は羽ばたかない2巻 BLマンガ感想・考察/ヨネダコウ ヤクザBL

WRITER
 
囀る鳥は羽ばたかない2巻 ヨネダコウ
この記事を書いている人 - WRITER -

ヨネダコウさんの囀る鳥は羽ばたかない2巻の感想です。私はこの2巻がすごく好きなんですよね。はっきりいって重いしツライというか切ないのですが、何度読んでもラストのシーン・・・

百目鬼の気持ちにギュっとなってしまいます。もう何度も何度も読み返しているのに・・・こんなに毎回じわりと来てしまうのはヨネダさんの画力と見せ方ですね。

ほんと映像が流れるようです。

そしてこの2巻が好きだと思うのは、この2巻の出来事から2人の関係が少しずつ変化していくからなんですよね。ターニングポイントになっている巻だと自分では思っているのですごく好きです。

囀るさんで何度「ターニングポイントだと思ってる」って言っちゃうんでしょうね・・・毎回言ってそう笑

そのくらい1話1話が大事で重要なんですよねぇ(*^_^*)

囀る鳥は羽ばたかない2巻 作品紹介

作者名 ヨネダコウ
出版社/レーベル 大洋図書/H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日 2013/11/1
紙書籍 アマゾン詳細

内容・あらすじ

真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。
元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。
だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると次第に百目鬼の矢代への想いも変化し、それを自覚していく。
そんなとき、矢代が何者かに狙われる。

感想は以下より。ネタバレ含みます。いつものように長いと思います(^_^;)
※考察と書いていますが、想像等も含まれていますのでご注意ください。ここに書かれていることが正しいとは限りません。

囀る鳥は羽ばたかない2巻 ネタバレあり感想

2巻は百目鬼の矢代への気持ちが変化していく巻です。自分の名前ですら興味のない百目鬼が、矢代のことはすごい執着というかアツイ気持ちを抱いています。

あとはまっずぐすぎるからけっこう読んでて恥ずかしいところもありますよね(≧∇≦*)

矢代が百目鬼の事かわいいかわいいって思っててこんな身体でかいのにカワイイ・・・???って思ってたけど百目鬼たんほんとかわいいです。

虎柄のトレーナー・・・よく似合ってます(●´艸`)プププーッ

俺はこの人の髪に触れるのが好きだ

2巻は冒頭からカラー絵でした。百目鬼が警官の服装だったのでおぉ~!!!!って思いました(*^_^*)

百目鬼が矢代をみながら自分のことを振り返っています。

自分が不能だと気づいたのは刑期を半分終えた頃。

囚人に布団の中に潜られて色々されても反応を示すことはなかったと。

このとき初めて自分の中から欲求そのものが抜け落ちていることに気づいたとモノローグであります。

でもそれを悲観することはなかったと。

理由は妹への罪悪感だけではなく、自分が父親とは違うのだと思えたからで、インポというのは百目鬼にとってもわりと安定剤的な感じになっていたのだろうと思います。

そして、矢代に関しては・・・

『妹と似た境遇のこの人は、男は好きじゃないと言いながら何人もの男に犯されたいと言い、何故か勃たないものをこうして咥えこむ』

不思議な感じがしているんでしょうね。

ちゃっかりこのとき矢代の髪の毛に触ってて萌え★

『俺はこの人の髪の毛に触れるのが好きだ』ってね(*^_^*)

頭じゃなく、この人って言ってますよね( ´艸`)

これは人としての好意を表しているから「この人」なんでしょうね。組とかそういうの関係なしに思っている感情だからなのだろうなぁと。

なんとなく見下ろして無表情に矢代を見てるかと思ってたカットが・・・なんだか愛しそうに見ている感じがしてくるから不思議です!

そして、この「髪の毛に触れるのが好きだ」っていうのは好意を持った人には触れたいと思う最初の段階が描かれているのかな?と思います。

手を繋ぎたいとか、触れてみたいと同じように、髪の毛に触れるいうのは好意があって発生する感情だと思うので百目鬼の矢代への気持ちが表現されている箇所だと思います。

警官のシーンでは・・・矢代と百目鬼の掛け合いがすごく好きです。

「淫行罪にしようか」➨「あれは未成年じゃないと」

「そっかじゃぁ強制わいせつ罪とか?」➨「それも違います されてる側が嫌じゃなきゃ成立しませんから」

って百目鬼が言ったらなぜか矢代が怒るという・・・。まぁ百目鬼が素直で話に合わせられないってのもあるんですけど(^_^;)

「お前のフニャちんなんかもうシャクらねぇ」って言ってて影山の所へ行ったあとにすぐくわえてるのもちょっと萌えです。

心にないことを~って突っ込みたくなりました( ´艸`)

百目鬼に「じゃぁもう髪に触れないですね」って言われたら抜け毛渡しちゃう矢代とかほんと不思議な人だなぁ~って思いますよね。

髪の毛渡すって事は触って欲しいんだ!?って思っちゃったのですが。。。

しかし・・・矢代はどうして百目鬼に警官の格好をさせたんでしょうね?

警官だった頃に戻れって暗に言ってる気がしないでもないですが・・・単に警官が好きなのかしら?

あの人が頭の大事な人なんですか?

ちょっとしたいざこざがあり、七原が影山のとことで御世話になっているので様子を見に行く百目鬼・矢代・杉本。

百目鬼がこの場面で矢代の大事な人が影山だと気づいたようですが・・どこでそんな風に思ったのかなって。

矢代って誰に対しても一線引いてるところがあるけど、影山とはあまりそれを感じないから?

それかかげやま医院を後にしてからの矢代の表情!?

雰囲気でかな?ニブそうな百目鬼たんは・・実は超観察力があるのではないか!?!?って思ってしまいました(笑)※ただし矢代限定

でまたまた「今日は俺の部屋に泊まってけ」で百目鬼のモノをくわえるんですよね。

やっぱり影山とあった日はけっこうな割合で百目鬼のモノを舐めてるんですよね矢代って・・・。。。

部屋で矢代が百目鬼に皮肉いう場面があるのですが、ここもおぉ~って思いました。そんなこと他の人には絶対言わないと思うんだけど!って。

「スカしたお巡りさんはどんな面してセックスするんだろうな」

「ーなんて教えらんねーか インポだもんな」

なんとなくわざと傷つくような言い方してて・・お???Sが出てきたか!?!?って思いました(笑)

でも、それとは逆のような弱々しい感じにも聞えるセリフも言っています。

「俺ともし警官の時に会ってたら お前俺をどう思ってたんだろうな」

他人の目とかあまり気にしなさそうな矢代が!!!って思ったのですが・・百目鬼の答えは100点満点でしたよね!

感じる事はかわらないと。ヤクザとかそういうものは関係なくって(≧∇≦*)

すると百目鬼は・・・「あの人がそうなんですか?」って聞くんですよね。。。

影山のこと。影山が矢代の大事な人なのかとかなりの直球です・・・。百目鬼と影山って変化球なくて直球バッカ。。。。(^_^;)

当然矢代は否定もせず怒って出て行ってしまいます。

実は個人的にはこの部分って影山が5巻で発した言葉と対比になっていると思うんですヨね。

矢代の反応とか、そういうのをまた5巻を読んでから読み返すとおもしろいと思います。

私がちょっと萌えたのは・・怒って出て行っちゃった矢代なのですが、ソファで寝ます。

そんで起きたらすぐに百目鬼探しに行ってるんですよね( ´艸`)

色々と探してる姿にもキュンですが、トイレの前で寝ている百目鬼を見つけたときの矢代が美しい!!!

ヨネダさんの絵柄で何が好かってほんと品がある!タバコを吸う姿にしてもそうですけど立っている姿まで美しいんですヨ。(これは5話の扉絵かな)

お前にそこ触られたくねぇ

寝ている百目鬼を見ながら矢代は思います。

上手くかわすこともできたし、別に認めたって良かったと。でもそれができなかったんですよね・・・矢代の中でその部分を百目鬼に触られたくないって気持ちがあったから。

なんで触れてほしくないかっていうのは・・・百目鬼に好意が出てきているからだと思います。

「人を好きになったのは後にも先にも一度だけ」その部分を触れて欲しくないのはそういう事なのかなって思いました。

その後、寝ている百目鬼の横に矢代はしゃがみ込んで~の描写ほんと神だと思います。

手をついてるから百目鬼のほうに顔を近づけているのはわかるんですよね・・・でもはっきりそこは描かれてない!想像して楽しんで!って言われてるみたい(笑)

百目鬼が揺れてるのをみてひゃっほ~★ってなったのを思い出します(≧∇≦*)

脚の綺麗な人が好きです

あ、そうそう!百目鬼の大事にしてる(笑)矢代からもらた虎のトレーナーが出てくるのはこの巻ですよ!?!?

百目鬼ってファッションセンスないのかな!?興味なさそうですもんね~。

この虎のトレーナーをもらった後なんですけど個人的にはおぉ~ってまたも思った箇所が!

百目鬼にメールが届いた時、矢代が「お前がメール!誰と!?」って・・・聞いてる!妹ってわかると「見してっ」って!!!!どした矢代さん!ってなりました。

そんなに百目鬼のメールが気になるの!?って。

あ、でも妹の件は矢代も絡んでいるから知りたいって思っても不思議ではないかな(*^_^*)

ただ、その後いろんなメールまで見てるからさらに( ´艸`)ってなりました!気になるのよ・・・無意識にチェックしちゃうんですこれは(笑)

とここで百目鬼の目があるものに釘付けになります。

矢代のナマ脚・・・・。

そして「どんな女が好きだ」って言われて「脚の綺麗な人が好きです」って★百目鬼!!!どこ基準なのそれは!ってなりました。

百目鬼の初体験は中1で保健医。付き合った人は高校生の時に2人。矢代より恋愛経験はありますな。

お初が中1で保健医って言ったときの「・・・なにソレ妄想?」「現実だった記憶です」には笑いました。矢代もびっくりの中1ですよね!

しかも色々聞いててやっぱり知りたいのかな~~~~~って思いました。

初体験を話せと言われ。。。暫くは話しているのですが途中で百目鬼の記憶喪失のため(笑)話が終わりました。

でもこれには理由がるんです。話を聞きながら矢代は自分でしているんですけど、それ以上見てたら勃ってしまう気がして話すのを辞めたんです。

(今まで平気だったはずだ どうして・・・)

これには色々と考えられると思うんですヨね。

■妹との関係が落ち着いた(罪悪感が少し薄れた)

■抜け落ちたと思ってた欲求が復活しつつある

■矢代への気持ちが変化した

インポになった原因を考えると、妹ちゃんとの関係が少し変化したのもあるかと思います。

そして、矢代への気持ちが尊敬から恋に変わったことで欲求が生まれつつあるからだと考えます。

竜崎と矢代が話してて、竜崎がつっかかったとき「その人から離れてもらえませんか」って百目鬼が言っています。

竜崎もここは突っ込んでましたよね。

このセリフから考えても、百目鬼が矢代を守りたい、自分のものにしたいっていう気持ちが出てきているように私は感じました。

でもね、ここで百目鬼は勃ってしまったらダメだ思うんですね。

それを知られたら矢代は自分を側におかなくなると。

それだけは嫌だと、どうしても側にいたい、近くにいたいと百目鬼は思います。切ない~。

インポが治ったらいいじゃない!って思うけど、百目鬼にとってはそれによって矢代の側にいられなくなるほうが嫌なんですね。。。どんだけ好きなんだ!って思います。

お前基本どーでもいい奴としかやれねぇからな

百目鬼×矢代のことを良くおもっていない三角さん笑

百目鬼に釘をさそうとします。

「お前は基本どーでもいい奴としかやれねぇからな」

これは矢代も気づいていない所だったっぽいです。三角さん・・百目鬼のことと言い人間観察力ある!笑

気づいてなくても不思議じゃないのは、矢代が惚れた相手と一度も寝たことがないからだと。

本当に好きな相手とその他一般の人とでは矢代の行動が違うって事をよく知ってらっしゃる!

ふむふむ。

この三角さんの話の時、百目鬼も矢代も一瞬固まっててちょっと面白かったです。

このとき矢代はどっちの事を考えたんでしょうね(*^_^*)

そして。。。三角さんって百目鬼と矢代は寝たことがあるって思ってたのかな?ほどほどにしとけよって。。。

矢代が手をだしてきたとしてもソレはお前を好きだからとかじゃなく、どうでもいい奴だからなんだよ!って暗に言ったつもりだったのかなって思いました。

頭は優しくて強くて綺麗な人です

かげやま医院にて。久我が登場(≧∇≦*)

の前にじ~~~~~~~っと影山にアツイ視線おくる百目鬼たんにクスっとなりました。穴があくほどミテル。。。

久我は矢代の事をいいように思っていないようで、百目鬼に矢代のことヤなんじゃないのか?聞きます。

「頭は優しくて強くて綺麗な人です」

これには久我も大爆笑。影山もちょっと固まっています

「あんたラリってんの!?」って・・・久我(^_^;)影山も百目鬼のセリフを聞いて恥ずかしそうですね。

ついでに七原も恥ずかしそうにしてました(笑)

何を言われても真顔の百目鬼はさらに「俺は頭を尊敬しています」と。「頭」と言っているときはまだ冷静というか、「頭」として見ているときですよね!

一個人で見ているときは「この人」とか「その人」とか「あなた」とかまた違った感じになっているはずです。

すると久我は、「笑って悪かった」と言って百目鬼の名前を聞きます(*^_^*)すごく気に入ったようですよ!

そしてここで知るんですよね、久我が影山の彼氏だと・・・・。

矢代の嫉妬

矢代が百目鬼に電話をすると、久我と飲んでいるところでした。詳しく言うと、久我・影山・百目鬼の3人でですね!

百目鬼の横に久我がいるって知った時のあの暗い感じ・・・・しかも久我には百目鬼がタメ口になって仲よさそうなんですよね・・・。

まぁ年齢も近いですしね(*^_^*)

久我と百目鬼が仲良くしているのを聞いて矢代・・・「二度と戻ってくんなバーカ!」って。。。

矢代がすんごく可愛く思えました。むっちゃ嫉妬してますよね( ´艸`)

そんで戻ってくんなっていって矢代が自ら来ちゃった展開でした。ここは超萌えです。やっぱり気になったのね!と。

久我が百目鬼のことを話したら「あ、こいつバカだから相手にしなくていいから 特にお前は」ってね♪

大好きな影山を久我に奪われ、さらに百目鬼までって思ったらいてもたっても居られなくなったのかな~って思いますヨね。矢代カワイイ。。。

可愛かったから許す

2人で映画館へ行くのですが・・・ここの百目鬼の靴が脱げたあとに矢代がふって笑うんですけどあのカットがすごく好きです。

百目鬼と一緒に胸が苦しくなっちゃいました。百目鬼のその後のモノローグもスッと心に入ってくる。。。共感しちゃうんですよね。

そして映画館で映画を見ていると・・やはり矢代は「シャクらせて」と。(影山と会った後ですからね)

でももしそれて勃ってしまったらと思う百目鬼は「今日は勘弁してください」と断ります。

「・・・まぁそんなに嫌んなったんならもうしねぇけど」

ここってね、何気に矢代は断られたことにショックを受けてるんです。漂えど~でもあるんですけど・・・拒否られたら簡単に傷ついちゃうんです本来。

百目鬼は「嫌とかではない」って言うんですけど、その後の「あー・・・じゃぁ その辺のやつを」っていうのもなんか矢代らしくないですよね。

でも席を立つ矢代の腕をぐっと掴んで「ここにいてください お願いします」は良かったですね!結局「嫌だね」って言ってどこかへ行っちゃいますけど。

普段の矢代なら誰に何て言われようと、エロイことしてそうなんですけど百目鬼にお願いされたもんだからちゃんと帰ってくるんです(T^T)

ここはほんと読みながらほっとしました。そしてレモンスカッシュまで買ってきてる!

「言うこと聞かねーし腹立つ」

からの

「でも可愛かったから許す」って(≧∇≦*)矢代の方がかわいいよ!って言いたくなります。

矢代も百目鬼の言葉の意味はわからなかったみたいですけどね。シャクられるのは嫌だけど、側に居て欲しいって何?って。

恋愛経験値だけはすんごい低い矢代ならではの疑問ですよね・・・。

とまぁ( ´艸`)な展開があったあとにすんごいのが来て一瞬で青ざめました。

映画館を出て、百目鬼がジャケットを忘れたので取りに帰っていると・・・矢代が誰かに銃で撃たれてしまうという!!!

フラッシュバック

矢代が撃たれた時の百目鬼の必死さ・・・

失いたくないものがハッキリした場面でもあったかと思います。「失うのが怖かった」と後で語ってますので。

そして撃たれた矢代は・・・過去の事を走馬燈のように見ていました。

義父に犯された場面、母親に知られたくなくて我慢した場面・・・

人を好きになり孤独を知った場面・・・涙をボロボロ流しそれが「男」だと知った絶望の場面・・・

そんな場面を見ながら自分は全部受け入れてきたと。

自分の人生は他の誰かのせいであってはならないし孤独も絶望ももう十分知ったと・・・。

ここの場面を読んでおもったのが、ここにも矛盾が描かれているんじゃないかなぁと。

『受け入れてきた➨ほんとは受け入れられるようなもんじゃない・受け入れられない』、『何の憂いもない、誰のせいにもしてない➨我慢している場面でそれを思っているのでそんなはずない・・・お母さんにも助けて欲しかった』

『俺はもう充分知った➨でもまた「人間」を、「男」を好きになってる』

こんな風に考えることができる場面ではないのかなって思いました。というのもね、ここの場面は自分に言い聞かせるように描かれているんですよね。

だから本音は違うんじゃないのかなって。

指を失うより怖いもの

百目鬼の・・・指詰のシーン。。。何度読んでも泣ける(T^T)

指を詰めろを七原に言われ、小刀を見ながら百目鬼は思うんですよね。

(俺が悪い 俺が頭を守れなかった 俺が弱いからいけない)

(怖くはない)

(俺が怖いのはー)

と矢代が倒れたシーンを思いだし一気に指を落とします。

なんでもしますと言ったあとの百目鬼の顔に・・・あの決意に満ちた顔になんだか胸がいっぱいになってしまいましたよ(T^T)

七原も言ってたけど、あそこで指を詰めるのは嫌だと言ってしまえば何か道はあったのかもしれない。

でも百目鬼にとっては矢代の側にいることが全て。

この百目鬼の一途さというか執着というか・・・矢代に抱いてる気持ちの強さに涙です。

影山のところへいって「頭を守れなくてすみません」って頭下げてるシーンをみてまたも涙涙でこの2巻は何度泣かすんだ!って思います。

ツライのに何度も何度も読み返しちゃうんですけどね。

その点、影山なんてあっさりしたもんですよ・・・(^_^;)でもそんな影山に見舞いに行って欲しいってお願いする百目鬼たん・・・(T^T)

右腕の感覚がない

矢代は、一命は取り留めたものの、右腕の感覚がないようです。

利き腕の感覚がないとなると色々大変ですからね・・・。

三角さん、矢代の出会いがその後描かれるのですが、この入り方もすごく自然で好きでした。ほんと・・映画を観てるみたいですよね。

三角さんと矢代の出会い

今では超溺愛してるのに・・・出会いの場面はびっくりしましたヨ。

三角さんが尖ってる!!!

矢代は・・相変わらずでちょっと不思議くんですね。

三角さんってほんと色々な人のことを見てきているのか指摘が的確というか・・・

矢代に関しては家庭環境が原因、人間嫌い。(私個人としては人間嫌いでは無いと思ってます)

家も勝手に解約してきちゃって(これ久我に矢代がやってましたね笑)荷物も勝手に持ってきたんですよね天羽さんが。

でもその中に大事にしてたコンタクトケースがないと・・・矢代は取りに帰るという・・すんごく大事にしてたんだなってちょっと切ない。

このストーリーでわかったのは、どうでもいい人から好意を向けられるとそれだけでダメなんだということ。

身体の関係には心が伴ったら矢代の中ではNGみたいです(※どうでもいいモブに関して)

要は、そういう感情が伴うとエロも優しくなって酷くされてないとダメだと思ってる矢代は吐き気がしちゃうんですね。もうこの頃は酷くされないとイかないと思い込んでるので・・・。

そして矢代がヤクザになった理由。

影山なんですね(T^T)影山を,影山の将来を救いたかったのかなと。

世の中金・金・金。だから影山のために動くには。。。自分に残された道はそこ(ヤクザ)しかなかった。

でもね、葛藤しているシーンもあるんです。ただ久我みたいにそこにしか道がなくても自分の居場所は自分で見つけたいって思う余裕もなかったんですよね。

それしか影山を助ける方法がなかったから。

好きになった相手にはなんて一途な人なんだろうって思います。

矢代の命を狙ったのは竜崎?

平田が七原を誘導していますが、竜崎は「簡単に撃たれてんじゃねぇよマヌケェ・・・」と言っている点からいってなんか違う気がします。

そして「てめぇの画いた絵図にどうせ俺も入ってんだろ・・・?」と。後ろから操っている人がいるというニオイがしますよね。

それを考えて読んでみると。。。平田が七原を使って次は竜崎を始末しようとしているのがわかります。

あることを吹き込むんですね。竜崎は三和会豪多組の幹部と頻繁に会ってると。だから竜崎はきっと寝返るだろうと言っています。

『矢代の命は手土産代わりだと俺は見てる』

七原は矢代の舎弟だからすぐさま向かうと思ってけしかけたんですよね。矢代には黙ってろとか・・・今から思えばほんと平田の言動っておかしいですよね。

あいつ見てねェ?

影山がお見舞いに来たとき・・・走馬燈を見たと話していると・・・百目鬼を思い出すんですよね。

「・・・なぁあのバカ見てねェ?」

大好きな影山がお見舞いに来ているのに、百目鬼の事を気にしている時点でなんか気持ちが変化したんだろうなって感じたのは私だけじゃないはず!

自分のために身体を震わせている百目鬼。。。矢代の気持ちが動かないわけないなと。

影山から小指落としたって聞かされてどう思ったんでしょうね・・・。

しかも「頭を守れなくてすみませんでした」って影山に言いに行ってたとかね(T^T)

自分のために人が何かを犠牲にして動いているってなんか矢代にとったら不思議な感覚だったんじゃないかなって思います。

泣くなよ

もうね~最後の百目鬼と矢代の対面は・・・百目鬼の涙に私もつられた。

矢代の寝たふりにはちょっとクスとなったけどその後がもうね・・・見せ方が(T^T)

百目鬼はひとっことも話してないんですヨ。それがさらに涙涙になってしまって。

寝ている姿を見て帰ろうと思ってたけど、矢代が話しかけるんですよね。

しゃべっている姿を見たら余計に感極まった感じでしたよね。涙が溢れてでてきちゃった。。。みたいな。

安堵の涙が大きいのかなと思ったけれど、自分の責任もより感じた場面だったのかもしれませんね。

矢代にもこの涙って絶対響くものがあったと思います。

自分のために泣いてくれる人なんてそうそういないですから。

「泣くなよ」っていう矢代のひとこともすごく好きで・・・大きな身体をした男が2度も自分のために身体を震わせてるなんて・・・ですよね。

いつもこのシーンを読んだあとは胸がずっしりと重くなるけど、ほんと百目鬼の感情が溢れた場面でもあるのですごく好きで読み返します。

感想まとめ

百目鬼の変化・矢代の変化が読み取れた2巻だったように思います。

百目鬼の尊敬とはまた違った感情が出てきたのがすごく伝わってきて面白かったです。

あと、三角さんが言っているように・・矢代は敏感なようで自分の気持ちにはやや鈍感なところがありそう。

そして矢代は適当に生きているようで、影山に対しては知らないところで尽くしてるんだなぁって報われない恋なのにって切なかったです。(過去編)

矢代ってほんと不思議な人だなぁって思いながら読みました。

感想・・・今日で3巻まで書けるかしら。

5巻まで一気にかけたらいいんですけどね。4巻はメモリーでわりとしっかりかいたのでそちらを引用するかもです★

電子書籍

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

俺様とシュガー 分冊版 1巻

俺様とシュガー 分冊版 1巻

09/18まで無料

JOY 分冊版 1巻

JOY 分冊版 1巻

09/18まで無料

大事にするから食べていい?(1)

大事にするから食べていい?(1)

09/17まで無料

僕のおまわりさん2(1)

僕のおまわりさん2(1)

09/17まで無料

ビッチなあの子の言うとおり!2(1)

ビッチなあの子の言うとおり!2(1)

09/17まで無料

憑かれちゃって、ごめんなさい! 1

憑かれちゃって、ごめんなさい! 1

09/14まで無料

俺でいいの、水戸くん 1話

俺でいいの、水戸くん 1話

09/13まで無料

記憶の糸 1 〜坂の上の魔法使い〜

記憶の糸 1 〜坂の上の魔法使い〜

09/14まで無料

偏愛君主 第1幕【単話】

偏愛君主 第1幕【単話】

09/13まで無料

むかいの部屋のねこ 第1巻

むかいの部屋のねこ 第1巻

09/14まで無料

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2017 All Rights Reserved.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.