藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

【思うまま欲しいまま】BL漫画感想ー樹要 ワケあり従兄弟BLがすごく面白かった! 

WRITER
 
思うまま欲しいまま  樹要
この記事を書いている人 - WRITER -

樹要さんの【思うまま欲しいまま】の感想です。ネタバレ含むと思いますので未読な方はご注意ください。

私、樹要さんは作家買いでして。特にこの作品が面白くてもう何度も読み返しています。

無理矢理な所もあったりして、もしかしたら好み分かれるかもしれませんが・・・私は大丈夫でした。

従兄弟2人の関係がね・・・心理描写がすごくお上手だったなぁと。

アイハーツバンドは毎回読んでいるのですが、コミックスで通してよむとさらに面白く感じました!

思うまま欲しいまま 作品紹介

思うまま欲しいまま
作者名 樹要
出版社/レーベル 大洋図書/H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日 2018/5/1
紙書籍 アマゾン詳細

【満足度】★★★★★

内容紹介

幼い頃に伯父の家に引き取られた小雪は一緒に暮らす同い年の従兄弟・悦司から向けられる真っ直ぐな愛情を受け入れられず、拒絶してしまった。
高校進学を機に家を出て、小雪から離れていこうとする悦司。
思わず、その後を追ってしまったけれど無理やり抱かれて、脅されて、傷付けられて…それでも、悦司の側を離れられなくて──…

こんな人におすすめ

  • 幼い頃から一緒にいてお互いずっと好きだという展開が好き。
  • くっつくまでの色々な葛藤がある作品が好き
  • 絵が綺麗でエロもそれなりにある作品が好き。
以下感想です。ネタバレ含みますのでご注意ください。
お気に召すまま仰せのまま 
名門・四宮家の次男・光貴には、同い年の従者・崇臣がいる。
従者兼ボディガードの崇臣は、光貴の朝の目覚めから夜眠るまで、いつも一緒だ。
ある日、クラスメイトからエッチの気持ちよさを聞いた光貴はためしに指を舐めてほしいと崇臣におねだりして……!? 

【ネタバレあり】思うまま欲しいまま 感想

今回は従兄弟同士のBLということと、受の子にけっこうな事情があったので心理合戦みたいだったかなぁと思いました。

攻である悦司の家に引き取られた小雪(さゆき)。

理由は小雪の父が女遊びが激しい人だったようで、父の兄である悦司の父が小雪を引き取ったようです。

ずっとだらしない父を見てきたせいか、小雪は誰とも関わりを持ちたくないし誰も好きにならないと思うようになります。

そんな彼にベッタリな悦司。

2人の関係が変わったのは、悦司に告白されてから。

小雪も好きなハズなんですけどね・・・このあたりはお父さんの呪縛というか・・・誰も好きにならないって思い込んでいるのでうまくいかないです。

ただ!拒否したって心は悦司と離れる事を望んでいないのでその当たりがうまく表現されていたかなぁと思います。

悦司がやや強硬手段に出たのは良かったのか悪かったのかは・・・どちらの意見もあるかなぁと。

私は、まぁ強硬手段とらなくても少しずつ振り向かせれば良かったのかなぁと思ったりもしましたが、結局のところ小雪も好きだからいいかな・・・と。

近親BLは一途ものが多い

近親BLって、やっぱり知られたら色々と大変な事が多いというのもあるでしょうが・・・

くっつくまでの葛藤もあって切なくて面白い作品が多いです。

義兄弟にしても今回のような従兄弟、甥っ子×叔父、義父×息子・・・一途な作品がすごく多いんですヨね。

子供の時からずっと好きとか。

一途ものが好きな私は、こういう設定が好きなんですよね。幼馴染みものもすごく好き。

今回もすごく一途というか。

悦司だったから小雪が人を好きになるという事に向き合えたんじゃないかなぁと思いました。

あと・・・小雪の父がまさか悦司の父のこと好きだったとは・・・。ちなみに小雪父のビジュアルがすごく好みでした(笑)

ほんと樹要さん・・・絵が綺麗です。

悦司兄が何気に重要人物だったかも

途中で出てきた悦司兄。

悦司が高校を小雪と別にしたことで・・・独り暮らしを始めることになります。

彼と入れ違いのように実家に帰ってきたのが兄だったんですね。

この兄・・・テンプレ的には小雪の事が好きで兄弟で争うみたいな展開になるのかなぁと思ってたら・・・

最後まで兄が2人を結びつける重要な役割の人物で2人の理解者でした。

悦司とは違う意味で小雪の事も可愛がってたんだなぁって。

小雪の背中を押したのもこの兄ですし、変に絡んでこなくてよかったなぁとほっ。だからすごく私は好きなキャラでした。

意地悪な悦司に従うのは好きだから!?

途中の悦司がムリヤリ小雪と関係を持つのはちょっとうわぁ~~~と思いましたが・・・

小雪が意固地になって自分の気持ちを認めないというイライラもあったのかなぁと。

このあたりはムリヤリじゃなくても最後はちゃんと向き合えたかもしれないなと思う所はあるものの、あの小雪にはある程度言い訳というか悦司に会いに来る理由は必要だったのかもって最後は思うように。

結局はお互い好きなんだけれど、小雪が受け入れようとしなかったんですよね。

父親の事があるから。

自分は父親と似ているからって思っているのが大きかったのか・・・哀れに思っていたのか・・・トラウマだったのか。

だから悦司はそこを変えたいって思っていたのだろうと思います。

イヤだ、無理だ、と否定的な言葉を発する小雪にそうじゃないと。

小雪の写真を使って脅すように関係を持ってたけど、結局その写真を消せるようにスマホ置いてあったのに小雪は消さなかったんですよね。

本当は心の奥底では悦司に抱かれたいと思っているから。

でも今まで、誰かと関わりたくない好きにならないと思い込んできたから小雪のバランスが崩れたのだろうなぁと。

ちょっと中盤からキツイ展開が続きましたが・・・私は後半の悦司の接し方が私はすごく良くて。

切ないけどキュンキュンしました。

父親を理解することで小雪に変化が

悦司兄から、小雪父の好きな人について聞かされたのですが・・・

なぜだかこのエピがすごくぐっときてしまって。

本当に小雪父にとってはどうしようもない不毛な恋だったのだろうなぁと。

おそらく、ビジュアルもいいから女性は寄ってくるけど本気になれなかったのは兄の事がずっとずっと好きだったからだと思ったら切ないなぁ~って。

そういう話を聞かされ、小雪はあの父にもずっと好きな人がいたんだと思うのですね。

あの人に似て誰かを本気で好きになることなんてないって思い込んできた小雪にとったらこの話はすごく大きな変化を与えるものになりました。

ここでやっと悦司に会いたいって素直に思えるようになったと思います。

自分が思い込んでいた父親が実はとても一途な人だったとか・・・すごく衝撃的だったでしょうね。

ラストに感動

今まで小雪が殻に閉じこもっていてハラハラして読んでましたが・・・一度素直になって気持ちを口に出してしまえばほんと世界が変わる!みたいな感じでしたね。

小雪の涙も良かったですが・・・悦司の涙にぐっときました。

悦司だって小雪にムリヤリあんなことはしたくなかったと思う。。。大事にしてたし本当に心から大好きな人だったんですからね。

色々あったけど、このラストに繋がるならいいや・・・って正直私は思いました。

小雪の殻を破ったのは、紛れもなく悦司なんですから。

気持ちを自覚してからの小雪・・・ほんとかわいかったです★

感想まとめ

【お気に召すまま仰せのまま】の2人もちょこっと出てきてましたね!また読み返そう・・・

この作品が私は樹要さんの作品のなかで一番すきかもしれない・・・。

切なさがけっこう大部分占めてるけど、甘さもちゃんとあって面白かった!って思いました。

個人的にはイチオシです★

電子書籍

 

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2018 All Rights Reserved.