スノウのBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

猫野まりこ【森山寮で花が咲く】BL漫画感想 ノンケ×ゲイの一途でぎゅっときた作品。(ネタバレ注意)

WRITER
 
森山寮で花が咲く 猫野まりこ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!ずっと書きたいなと思ってた作品の感想です。

猫野まりこさんの【森山寮で花が咲く】。これはシェリプラスさんで連載していました。

雑誌を読んでいるときには面白いけど他に好きな作品もあってさらっとしか読んでなかったみたい。。。コミックスで一気読みしてみるとすごくぎゅっとくる場面もあって素敵でした。

ドラマティックで、ちょっとアツめの演出がお好きな人にはピッタリだと思います。

じわじわくる作品と違って、ストレートにぶつかっていく攻なので本当に感情の高ぶりが激しいカンジ!?

ゲイ×ノンケでノンケくんの頑張る姿を見るのが好きという方はオススメ!キュンとなってぎゅっとなって・・・最後にはほっこりとするようなお話でした☆

森山寮で花が咲く 作品紹介

満足度★★★★☆4

作者名 猫野まりこ
出版社/レーベル 新書館・ディアプラスコミックス
発売日 2017/12/29
紙書籍 amazon
7 net
honto

作品内容・あらすじ

イケメンだけど堅物でぼっち大好きなリーマンの松原(まつばら)は、苦手だった先輩の苅谷(かりや)が公園で男とキスをする姿を目撃。苅谷から真摯なカミングアウトをされ、ゲイであることを必死に隠してきた彼の苦労を知る。その後、松原の住む森山寮に引っ越してきた苅谷の面倒見の良さや優しさに触れるうちに二人の距離はどんどん近づいて……!? オンボロ寮で育むコンプレックス・ラブ!!

  • ノンケ×ゲイ
  • 苅谷の何気ないやさしさにぎゅっとなる
  • 松原の純粋さが素敵
感想は以下より。ネタバレ含みますのでご注意ください。

森山寮で花が咲く ネタバレあり感想

なんていうかね・・・色々な事が詰まっていた作品だったかなって思いました。

苅谷の葛藤だったり、不安だったり・・・すごく伝わってくるよう心理描写で切なくなったりして。

でも最後は甘々でキュンキュンですヨ。

猫野まりこさんはわりとエロにも定評があって、今回もエロエロか!?と思ってたけどすごく2人の関係をじっくり描かれたなぁって思いました。

だからエロは終盤までなくて、あったのは最後です(n*´ω`*n)

猫野さんのエロい作品も好きなのですけど、こういう作品もたまには新鮮でいいなって思いました★

あとは、すごくアツイ作品だと感じましたヨ。アツイっていうのは、攻の松原の気持ちがね・・・ここまで人を好きになったのは初めてなんだろうなぁって思えるような・・・

ギュンッ キュン💛なテイストです(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

苦手な人

苅谷と松原は会社の先輩・後輩。

話がうまくて明るい苅谷に劣等感を持っている松原は最初は苦手に思ってたんですね。

というのも、松原は女性との会話も苦手、都会にもなじめないというので人に慕われていて都会っ子のような彼にひがみに似たような感情を持っていたようです。

まぁ苅谷は営業成績も良くて、完璧に思えてたんでしょうね松原からみれば。

そんな気持ちがガラリと変わったのは、苅谷がゲイだと知ったとき。

完璧に見えて悩みのなさそうな彼が、会社でゲイということがバレないように気を使っているということ・・・

今までだって不安や悩みがあってツライことも経験してきたと分かったから・・・。

苅谷が今までどんな状況でも闘ってきたのだとわかった松原は一気に苅谷の事を慕っていきます。

舞台は森山寮

タイトルにもなっている「森山寮」は会社の寮で最初は松原が住んでいたの。

田舎出身の彼は会社から離れた寮がお気に入り。

古い寮でもう3人しか住んでいないけど、居心地が良かったようです。

この寮に・・・苅谷が引越ししてきて今までの生活がガラリと変わっていきます。

苅谷が引越ししてきた理由というのが後でわかるのですが・・・・これは松原のためだったりするの。

もちろん、自分が松原の事が好きだから力になりたいっていうのも大きかったでしょうが・・・。

なんだかこっそりと力になろうとしている姿にぎゅっとなりました。

色々な苅谷の行動が最後結びついていくのはすごく良かったです。

出来る限りのことをして大事な人のお気に入りの場所を守りたかったんだなぁって・・・すごい愛情表現だなぁって思いましたヨ。

松原の気持ちと苅谷の葛藤

松原が苅谷の事を好きになるのはけっこう早い段階です。

苅谷の事を苦手だと思わなくなり、彼と接するうちに好意にかわっていきます。

松原が素朴で奥手くんだから・・・なんか好きになっていく過程がさらにキュンキュンで(n*´ω`*n)

松原は好きって自覚したらそれ以外目に入らなくなるようなタイプですよね・・・。

苅谷は自分がゲイであることで色々と傷ついてもきたから、そんな思いを大好きな松原にしてほしくないって思って拒絶するの。

大好きだからこそ・・なんですよね。

すれ違うかなぁ~てハラハラでしたが、そこは住人がうまく援護してくれて(⌒∇⌒)

気持ちを確かめ合ったときは感動したのと、ちょっと松原のセリフがアツくて照れちゃいました。

でもね~告白してその気持ちを受け取ってハイ、ハピエン★じゃないんですよ。

ここは個人的にはポイントたかかったところ。

苅谷は海外赴任が決まっているので、1年間海外なんです。出発の前に気持ちを確かめあったのだけれど、それは一時の気の迷いかもしれないから離れている1年間よく考えろと言って旅立っていきます。

1年後の2人

1年後、約束した場所に来た苅谷。

その場所は森山寮なのですが・・・実は森山寮は頑張りも空しく壊されてしまったんですね。

まだ気持ちがあるなら跡地で再会しようとでも約束したのでしょうか。

結局・・・・約束の場に松原は来なくて・・・な~んてことあるわけないですよね(笑)

ちゃんと来ましたヨ!!!

1年前もだけれど今回もすんごいキメセリフ言ってました‥‥。(〃▽〃)ポッ

やっとここで心も身体もしっかりつながったのは良かったです!

松原は森山寮の雰囲気が好きだったので(その地域が好きだったみたい)近くの一軒家を借りて住んでいました。

ここに森山寮で苅谷が植えた花たちが移動していたのも素敵でした。

描き下ろし

これはご褒美ページですね☆

エロあり、キュンあり・・・・そして最後はほっこり。

すごく素敵な読後感でした。

隠して隠して生きてきた苅谷にとってはすごく嬉しいだろうなぁっていうのが最後の描かれてて・・・

松原と出会って本当に良かった・・・って思いました。

感想まとめ

古い森山寮が舞台のこの作品・・・。森山寮はなくなっちゃったけど、そこで育った恋は場所を変えても花を咲かせて幸せいっぱいだった。。。って感じのお話でした。(ちょっとクサかった?えへへ(〃´∪`〃)ゞ)

切なさも程よくあり、キュンも甘々も味わえたかなぁと思います。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

私はコミコミさんで購入したのでコミコミ特典のリーフレットがついてきてました。

これはカラー表紙で中身は2Pの漫画。

甘い・・・甘いよ松原くん・・・って感じです(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

おまけペーパーもついてきてましたが・・・これもキュン💛でした。特典ペーパーではアタリの作品です!!!ニヤニヤしちゃう。

電子も配信されてるのですがペ―パーはついていないと思います。(ついてるかな!???)

気になる人は是非チェックしてみてくださいね!

電子書籍

コミコミ特典付きの電子はeBookJapanさんで読めるようです♪

猫野まりこ その他おすすめ作品

[advertisementslider id=”89ad6438fe1be49c3b5704e781382242″]
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2018 All Rights Reserved.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.