佐崎いま+高瀬ろく【発情期じゃなきゃ殴ってる!】BL漫画感想/オメガバースのようで違う、特殊設定作品。

発情期じゃなきゃ殴ってる! 佐崎いま・高瀬ろく

ここ数日でけっこうBL作品よみました。感想がおいついていないのですが、またまとめて感想かいてみたいと思います。やはり何冊か気にせず購入すると当たり外れはありますね。この作品は、発情期絡みなので基本的にファンタジー的な感覚で読みました。ちょっと前に煙草の煙に発情するという【任侠の男に飼われています】という作品があったのですが、その作品より今回の設定のほうが好きです!

やっぱり発情期といえば満月よ!!!

発情期じゃなきゃ殴ってる! 作品内容紹介

「あー…“ウサギ”が喰いてぇなあ…」男の欲情は、とどまることをしらず――。飢えた“オオカミ”の元ヤクザ×月光で発情する刑事のエロティックラブ!
電子版の共通特典として、紙書籍の応援書店特典・描きおろしマンガ2Pを収録☆

①満月になると発情期になる2人
②ウサギとオオカミは離れられない運命
③なかなかのキュン作品

コミックス紹介・評価

発情期じゃなきゃ殴ってる!【特典付き】 (フルールコミックス)
発情期じゃなきゃ殴ってる!【特典付き】 (フルールコミックス)
2017/6/16アマゾン詳細
ストーリー ★★★★☆
エロ ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
ひとこと 意外性はないけど面白かった

発情期じゃなきゃ殴ってるの感想は次のページより。ネタバレ含みます。
スポンサードリンク