おげれつたなか『ヤリチン☆ビッチ部 1巻』BL漫画感想

おげれつたなか ヤリチン☆ビッチ部

本日2巻が発売された『ヤリチン☆ビッチ部 (2)』。紙書籍と同時配信で電子でも読めますね。2巻の感想は紙書籍でも購入しているのでそちらと電子とを合わせて感想書きたいなと思っています。そういえばヤリチンビッチ部『このBLがやばい』ランキング上位でしたね。う・・・う~ん・・・。

結果にびっくりしましたが、意外性ある作品としては確かに面白い設定なので「やばい」というランキングならそうなのかも。

ヤリチンビッチ部 内容紹介

山奥の全寮制男子校に転入した遠野。気さくに声を掛けてくれた矢口が唯一の友人となるが、球技が苦手なために矢口のいるサッカー部ではなく一番ラクそうな写真部に入る。だがそこは写真部とは名ばかり、キャラの濃い先輩たちがひしめく通称「ヤリチンビッチ部」だった! 一見お下品だけど、不器用でピュアな恋愛事情がめくるめく青春ストーリー!!

①登場人物が多いのですがおそらく今後4カプできそう!?
②誰とでもやっちゃうという設定が苦手な人はややモヤっとするかも。
③それでもなかなかの純情が作品の中には散りばめられていて面白い作品!

今回紹介する作品はこちらです。

ヤリチン☆ビッチ部 コミックス&評価

おげれつたなか ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)

ヤリチン☆ビッチ部 (1) (バーズコミックス ルチルコレクション リュクス)

2016/3/24

アマゾン詳細

ストーリー ★★★~★★★★☆
エロ ★★★☆☆
満足度 ★★★★☆
テイスト わりとピュア
でもビッチ!
ヤリチン☆ビッチ部1巻の感想は以下より。ネタバレ含みます。
スポンサードリンク