藤雪のBL漫画感想日記/BL漫画ネタバレ注意

BL漫画ダイアリー

カテゴリー

今日の人気記事

NEWエントリー

はやりやまい【青春を呪うな】BL漫画感想。1作目とはまた違ったテイストの先輩後輩BL。

WRITER
 
はやりやまい 青春を呪うな
この記事を書いている人 - WRITER -

はやりやまいさんの【青春を呪うな】の感想です。はやりやまいさんのデビュー作【あさはらたそかれ 】が好きだったのですぐぽちったのですが・・・ずっと後回しにしてしまっててやっと読むコトができました。

1作品目からは全然テイストが違って、ちょっとポエミーな感じを受けました。モノローグが多いからでしょうか・・・。

青春を呪うな 作品内容紹介

中二の冬、幸田次郎は運命に触れた。運命の名は、北原秋春。
天才で、傲慢で、口が悪くて、友達もいなくて、でも、美しいひと。憧れて、追いかけ続けて、そばにいることを許してもらえるようになったけど──。
低かった背が伸びて、目線が変わり……憧れから欲にまみれた恋が始まる!!

青春を呪うな
青春を呪うな (H&C Comics CRAFT SERIES)

2017/3/18

アマゾン詳細

ストーリー ★★★★☆
エロ ★☆☆☆☆
満足度 ★★★★☆
ひとこと 後半にいくにつれて面白くなる

◆先輩後輩BLでちょっと不思議な2人。
◆中学生➨高校生の思春期感が出ている。
◆絵柄が特徴的(好みが分かれる)ので無料サンプル等で絵柄チェックしてからの方がオススメ。
◆今回はモノローグが多くややポエミー
青春を呪うなの感想は以下より。ネタバレ含みます。

青春を呪うなのみどころ・おすすめポイント

「受験は戦争だそうだ」なんとも強烈なフレーズで始まるこのストーリー。受験戦争のなかでのストーリーかと思いきや・・・受験は確かに絡むのだけれどそこまで重要ではないのかもしれません。今回の主役達は3年と1年で歳が違うというのもポイントです。
攻くんが天才である受くんを追いかけていく展開なのですが、受験というか勉強を通じて2人が仲良くなっていくのは読んでて面白かったです。

天才×凡人!? 天才くんはちょっと気むずかしい。

もともと天才ということで有名だった受験戦争の覇者・秋春に憧れていた主人公の次郎。

秋春はねぇ・・・とても特徴ある性格(笑)友達になるのも大変そうなのですが、次郎はどんどん仲良くなっていきます。

中学生ということもあり、単純に憧れていたのですが・・・一緒にいる時間が増えそれが憧れから恋に変わっていくんですよね。BLだからこれがないとね!

このあたり、思春期の心の動きがきちんと描かれてて面白く感じました。

しっかり体も成長して大きくなっていく次郎には注目です。体が育てば心も育つ・・・。わんこみたいな次郎が積極的になるシーンが個人的には好きでした。

組み合わせ的にも年下ワンコ攻×年上ツンデレ受なので大好きな組み合わせ(#^.^#)

秋春がどんどん変化していく様子が面白かった!!!秋春のデレは可愛いです( ´艸`)

ストーリーは特にアップダウンがないので好みは分かれるかも

ストーリー的には誰かが傷ついたりとか傷つけあったりというような展開ではないのでモヤモヤもなく読みやすかったです。

ただ・・モノローグが多いせいかとてもポエムっぽく感じました。

このあたりが個人的にはちょっと満足度的にマイナス。前半が特に強くポエミーさを感じました。

それでもはやりやまいさんですね。後半ぐんぐん面白くなっていきます。

特にアップダウンあるストーリーじゃなく淡々と進むのですが、その淡々とした中でもキャラたちの気持ちがしっかり育っているのでじっくり読める作品。

一読しただけではう~ん・・・だった人ももう一度是非読み返してみて欲しい。

はやりやまいさんの作品はあとからジワジワくる作品が多いと個人的には思っています。

私も最初一読しただけでは前作の方が面白いなぁ・・・と思って★3くらいかな???と感じていましたが、感想を書くために3回読み・・・面白いなぁと評価が変わりました。

何度も読むと内容も頭に入ってくるから細かいところに目が行くんですよね。細かい揺れだったり変化がわかるとさらに面白く感じましたヨ。

ジェットコースターのようなストーリー展開ではなく、ゆっくりじっくり数年かかって育っていく2人なのでそういうのがお好きな人にオススメです。

絵柄に特徴がある作家さん

はやりやまいさんといえば・・絵柄に特徴がありますよね。イケメン男子かといえば・・・そうでなくって実は最初読もうと思ったときもう~ん・・・と躊躇しちゃってました。

デビュー作はヨネダコウさんの推薦!みたいな文字がなければ手に取らなかったかもしれません。

でも読んで行くと絵柄的にはやはり少し気になるのですがストーリーが面白くて。

設定もいいし普段なら交わらない人達が出会って恋を育てていくのがとても面白かったです。

【待望のデビューコミックス】高校野球児×社会人の初々しい恋を描く 。

今回はテイストは違えど、じっくり恋が育つのは前作と一緒かな!と思いました。そういうのがとても良かったです。

それに前作より画力UPしているとすごく感じました。粗いのは粗いのですがそれははやりやまいさんの持ち味ですしね(#^.^#)

上から見るアングルとかすごく角度にもこだわってたりして粗い中でも見せ方の工夫がある気がしましたヨ。

ただ首が長いというのはたまにありましたね。。。主人公達がもっともっとイケメンになったらより良いなぁとこれからに期待です!!!

絵柄が特徴あるということでこのあたりはサンプル等で確認して読んで見てくださいね。そういえば!表紙がとても素敵ですね(#^.^#)この表紙好きです。

ツンデレ受が大好きな人には惹かれる要素たくさん

私がこの作品を読んでとても印象深かったのは、秋春の変化です。

変化というか・・・徐々に次郎に好意を寄せていく姿がツンデレなりにわかるのがイイ!

態度は相変わらずなのに言動が少しずつ変わってきたり・・・

次郎が高校に入学してからは話しかけてくるなと言いながら、次郎に会うエリアを歩いてたり・・・(こういうさりげない所が好き・・・)

秋春も次郎がお気に入りで、それがいつしかちゃんと恋愛感情に発展していっているのが良かった!!!

それにね、一番最後の秋春のセリフが私はすっごく好き。

「誰が隣にいようが俺は俺だけど 誰かがいるならお前がいいんだよ」

「次郎 お前が好きだ」

って・・ちゃんとツンデレさんが告白してる~!!!と感動しちゃった(≧∇≦*)

終わり方が最高でしたね。秋春が笑ってたりストーリーが進むにつれて怒った顔ばかりじゃなくなっていくのもすごく印象的な作品でした。

青春を呪うな 感想まとめ

まず私が気になったのがモノローグの多さ。ただ・・この作品は淡々と進んでいくのでモノローグは効果的だったのかなと思いました。

このモノローグが最初に集中するのでそれをどう感じるかでまずは面白そうかどうかという感じ方が変わりそうです。

絵柄は、好みではないですが作品に集中すれば気にならなくなるんですよね。

ただこの好みという点は人それぞれなのできちんとサンプルを見てからの方が良いと思います。

表紙が素敵な分、本編は粗さが目立つのかな!?と。でもそういう粗さも個人的には好きです。

味があるなぁ~と最近ではそんな風に思ってしまいます。

作品自体は攻目線で進みますが、個人的にはツンデレ受目線で色々考えたり変化を追いながら読んで行くとより楽しめるのではないかなと思いました(#^.^#)

次回作も楽しみです。

青春を呪うな 電子書籍

その他作品

その他作品もBLメモリーに過去に書いていますので気になる方は是非!

この記事を書いている人 - WRITER -
1巻無料で読めるコミックス

Copyright© BL漫画ダイアリー , 2017 All Rights Reserved.